2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 不動、逆転優勝! | トップページ | 歯は大切にしましょう! »

2008年10月21日 (火)

阪神岡田、最後まで勝てず!

胴上げで、5度舞った。選手の手を取り、声を掛ける。唇をかみしめ、必死にこらえていたが駄目だった。涙がこぼれて来る。岡田監督は「いつのまにか5年たっていたという感じ」と監督生活を振り返った。

 岡田監督が育て、使い続けてきた藤川が打たれた。0-0の九回に登板。二死三塁とされ、打席はウッズ。直球を続け、フルカウントから甘く入った150キロを左中間スタンドに運ばれた。主砲を四球で歩かせる選択肢もあったが、監督は一切後悔していない。「2人の勝負。送り込んだ以上は、何も言うことはないよ」。指揮官の全幅の信頼は、最後まで揺らぐことはなかった。

 「(白星を)できるだけ重ねていく気持ちやった」と未練も残るが、それ以上に達成感が大きい。在任5年間でリーグ優勝1度を含む4度のAクラス入りを成し遂げ、「常勝阪神」を作り上げた名将は、惜しまれつつユニホームを脱いだ。(2008/10/21:産経新聞)

==========================

 最後の最後まで貧打が続いた。藤川はストレートに頼りすぎる投球からやっと解放されるのではないか。来年が楽しみだ。それにしても岡田は不運の監督であった。星野の次の監督だからなのか、フロントのせいなのか。いずれにしてもお疲れ様でした。

Okada

« 不動、逆転優勝! | トップページ | 歯は大切にしましょう! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神岡田、最後まで勝てず!:

« 不動、逆転優勝! | トップページ | 歯は大切にしましょう! »