2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« エースの投げ合い! | トップページ | 昭和の名優逝く! »

2008年10月 7日 (火)

なにがあっても自分の仕事をする!

(6日、ヤクルト3―1阪神)

 空振りの三振を喫した桧山が、天を仰ぐ。140試合が終了。阪神と巨人の成績が並んだ瞬間だ。

 巨人の試合のない6日と7日に連勝すれば、8日の直接対決を、巨人に1.5ゲームの差をつけて迎えることができた。プレッシャーをかけるために落としたくなかったが、プレーに思いは表れなかった。

 出足から引き締まらない。1回、リーソップが早々に先取点を許すと、今岡は一塁へ悪送球。得点は金本の本塁打のみと、打線は淡々。一度も無死からの走者を出すことができず、岡田監督は「(安打は)単発だからな。つながらない」と力無く語った。

 故障から復帰後は4試合で9安打と快調だった新井も、前日に続いて快音は無し。1回に併殺打、5回の2死一、三塁ではワンバウンドになる変化球に手を出して三振し、「何もないよ。何もない」。広沢コーチは「ちょっとバランスを崩しているな」と心配顔だ。

 前日は新人・石川が好投し、9回には突き放す本塁打も飛び出した。波に乗るには申し分のない完勝だったにもかかわらず、白星を続けられなかった。プラス材料は、9連投の藤川と10連投のアッチソンに休息を与えられたことだろうか。

 通算成績は五分で、残り4試合。「それは、みんな分かっていること」。指揮官の口調は重かった。(2008/10/7:アサヒ・コム)

==========================

 なにがあっても、どんな状況でもたんたんと自分の仕事をする。それがプロであり、男である。余計なことは言わない!

Kanemoto 

« エースの投げ合い! | トップページ | 昭和の名優逝く! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なにがあっても自分の仕事をする!:

« エースの投げ合い! | トップページ | 昭和の名優逝く! »