2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 平成21年3月14日大原学園特別講演について | トップページ | 横浜B工藤公康45歳年俸55%減、プロは厳しい! »

2008年12月 9日 (火)

日本の英雄!野茂英雄、次のトルネードの育成を!

2008.12.9 15:27

 日本プロ野球と大リーグで通算201勝を挙げ、今年7月に現役を引退した野茂英雄氏(40)が精力的な少年野球の指導を始めている。

 6、7日には自らが理事長を務める特定非営利活動法人「NOMOベースボールクラブ」主催による「第6回NOMO CUP」を堺市内のグラウンドで開催した。2003年から毎年の恒例で、引退後初となった同大会には100人以上の野球少年が参加。元近鉄の金村義明、光山英和、赤堀元之の各氏、現役ではオリックスの山口和男や川越英隆、西武の栗山巧各選手ら、野茂氏ならではの人脈で約20人が講師として集結した。

 指導の最中に野茂氏から声をかけられた奈良・香芝市立真美ケ丘東小6年の深瀬優君(11)=大和高田リトル=は「中学に行っても野球を続けるのかと言われました。続けないと…」とうれしそうに話した。

 経験を生かした指導や講演、子供たちの育成などに少しずつ活躍の場を移している野茂氏は「毎年楽しみにしている。イベントにもなるべく参加していきたいし、NOMO CUP以外の野球教室もやっていきたい」と意気込みをみせる。

 いまのところ、日米の各球団からコーチなどの要請はないというが、11月、高知で行われたオリックスの秋季キャンプで臨時投手コーチも務めた。「本当に迷惑になってはいけないので」と今後について多くは語らなかったものの、近鉄時代から親交の深い大石大二郎監督のためにも「できる限り何かをしたいとは思う」と話す。

 現役時代はピンチにも動じず、黙々と投げ込む姿が印象的だった。現在は温かいまなざしで子供たちの育成に燃える日が続いている。「スポーツは人間の成長の役割を果たしてくれている」。野茂氏は力を込めた。(産経ニュース)

==========================

 野茂が精力的に動き始めている。メジャーリーグへの道を自分ひとりの力で切り開いた男!「メジャーリーグで通用しなくなったら、日本のプロ野球で!」と考えるのが普通であろうが、野茂はまったく違った。「野球」がしたかったんではなく、「ベースボール」がしたかったのだろう。力と力の勝負を求めていた!全盛期のその力を出し切れなくなりあっさりと引退した。「野球」は緻密な心理戦などとても観る方は楽しい。しかし、力と力の勝負の「ベースボール」もおもしろい。子供たちに夢をあたえるべく、本当に力を持ったダイナミックな選手育成をお願いしたい。

http://jp.youtube.com/watch?v=Whdx43jCFuI&feature=related

Crm0805170926006p3

 

« 平成21年3月14日大原学園特別講演について | トップページ | 横浜B工藤公康45歳年俸55%減、プロは厳しい! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の英雄!野茂英雄、次のトルネードの育成を!:

» ソフトバンクの高橋選手も実践中! [【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム]
投手の潜在能力を引き出し能力を最大限に発揮させる。誰にでもできる急速アップの秘訣、知りたくありませんか。 [続きを読む]

« 平成21年3月14日大原学園特別講演について | トップページ | 横浜B工藤公康45歳年俸55%減、プロは厳しい! »