2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 富士山! | トップページ | 富士山と夕日! »

2009年1月 2日 (金)

「スーパールーキー」驚愕の走り!

 “神を超える奇跡”が起きた。9位でたすきを受けた東洋大の5区・柏原が、「山の神」と呼ばれた順大・今井正人(現トヨタ自動車九州)の区間記録を47秒も縮める驚異的なタイムをマーク。早大との4分58秒差を一気に逆転し、トップで芦ノ湖のゴールテープを切ってみせた。

 「応援の多さに、感謝の気持ちで一杯です」。箱根デビューのスーパールーキーがはにかんだ。

 12月上旬、部員が強制わいせつの現行犯で逮捕され、チームは大きな衝撃を受けた。一時は出場も危ぶまれたが、川島伸二前監督と部長が引責辞任することで出場の道を開く。部員たちは「走れることに感謝しよう」と結束。「命をかけて戦ってくれた監督のためにも負けるわけにはいかない」と柏原。悔しさを箱根の山にぶつけるしかないと思っていたという。

 だから「前半は落ち着いて走れ」との佐藤尚監督代行の指示を無視。「5分差がなんだ。奇跡を起こしてやる」と無我夢中で走った。残り3キロ付近で早大の背中をとらえると、最後の平地で相手を一気に突き放した。

 山登りの5区には自ら志願した。きっかけは同じ福島県出身の今井の存在で、「やりがいのある区間だ」と背中を押されていた。「箱根の景色も楽しかったし、応援がうれしくて最初の1キロで泣きそうになった」と話す1年生。箱根の山道で、また新たな伝説が誕生した。(2009/1/2:産経ニュース)

===========================

 いやぁ~、久しぶりにすごいスーパールーキーが登場した。箱根往路5区のぶっちぎりの走りを気持ちよく見させてもらった。つい最近まで高校生!しかし、「なにくそ、負けてたまるか!」との気力で走り抜いた。もちろん走る力がないとどうしようもないが、気力が勝ったのだろう!今後が楽しみな選手だ!

Oth0901021855016p5

« 富士山! | トップページ | 富士山と夕日! »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパールーキー」驚愕の走り!:

« 富士山! | トップページ | 富士山と夕日! »