2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 愛の讃歌(越路吹雪)原曲1950年/昭和25年 | トップページ | さらば恋人(堺正章)1971年/昭和46年 »

2009年2月14日 (土)

街の灯り(堺正章)1973年/昭和48年

 そばにだれかいないと しずみそうなこの胸

 まるで潮が引いたあとの 暗い海のように

 ふれる肩のぬくもり 感じながらはなしを

 もっともっとできるならば 今はそれでいい

 息で曇る窓に書いた 君の名前指でたどり

 あとの言葉迷いながら そっと言った

 *)街の灯りちらちら あれはなにをささやく

 愛がひとつめばえそうな 胸がはずむときよ

 好きな歌を耳のそばで きみのために低く歌い

 あまい涙さそいながら そして待った

 *)繰り返し

http://www.youtube.com/watch?v=bkeDfrPbP1M

http://www.youtube.com/watch?v=znYHMwVPwEw

http://www.youtube.com/watch?v=Jko2ArKv9TA

  Matinoakari5b15d

 

 

« 愛の讃歌(越路吹雪)原曲1950年/昭和25年 | トップページ | さらば恋人(堺正章)1971年/昭和46年 »

音楽」カテゴリの記事

懐かしい昭和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街の灯り(堺正章)1973年/昭和48年:

« 愛の讃歌(越路吹雪)原曲1950年/昭和25年 | トップページ | さらば恋人(堺正章)1971年/昭和46年 »