2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) | トップページ | 首の皮一枚、日本の職業野球人!(WBC⑥) »

2009年3月19日 (木)

西郷らから岩倉具視へ 約1700点の書簡発見

明治政府の中枢を担った岩倉具視に、同じく西郷隆盛や大久保利通、伊藤博文らがあてた書簡など約1700点が広島県廿日市市の「海の見える杜美術館」に保管されていることが7日までにわかった。新発見とみられる文書も多く含まれるといい、同美術館は詳細な分析を行ったうえで8月から一般公開する予定だ。

 文書は岩倉家から流出した書簡や意見書、絵などを、大阪の質店が数百巻の巻物にしたものという。同美術館が20年ほど前に購入し保管したままだったが、三沢純・熊本大准教授らが調査・分析に着手した。

 書簡は岩倉が明治元(1868)年から死去する16年まで東京で受け取ったとみられ、伊藤からが68通、大久保191通、三条実美429通。西郷の書簡も多数あり、鳥羽伏見の戦いや戊辰戦争の戦況報告なども含まれている。さらに岩倉自身の書簡の下書きも128通あった。文書の一部は大正時代に宮内省に借し出されたほか、戦前に出版された「大久保利通文書」に引用されているという。(産経ニュース2009.3.8)

===========================

 いや~あ、興味深い資料ですね。

 明治以降のものは残っているんだね~

 特に幕末時の資料は興味深いっす

 

 http://search.live.com/images/results.aspx?mkt=ja-jp&adlt=strict&form=JPCONT&q=%E5%B2%A9%E5%80%89%E5%85%B7%E8%A6%96#focal=aafba737eaa81d0f985ef9f7bbba181d&furl=http%3A%2F%2Fwww.eonet.ne.jp%2F~kazusin%2Fjinbutu%2Fiwakeratomomi.jpg

Bbl0903052131008p1_3

« どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) | トップページ | 首の皮一枚、日本の職業野球人!(WBC⑥) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1円切手の人ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西郷らから岩倉具視へ 約1700点の書簡発見:

« どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) | トップページ | 首の皮一枚、日本の職業野球人!(WBC⑥) »