2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« またまた! | トップページ | 上原彩子の優勝から学ぶ! »

2009年3月24日 (火)

真の侍になった日本の職業野球人!(WBC⑨)

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスで決勝戦が行われ、前回優勝の日本と北京五輪金メダルの韓国とのアジア対決は、日本が延長十回、イチローの決勝タイムリーで突き放し、5-3で競り勝った。

 今大会2勝2敗で迎えた日韓5度目の対決は、日本の先発は岩隈(楽天)が八回二死まで一人で投げ切り2失点の好投が光った。

 日本は三回、韓国の先発左腕、奉重根から中島(西武)の安打などで一死一、三塁のチャンスを作り、小笠原(巨人)の右前タイムリーで先制した。

 岩隈は三回までパーフェクトのピッチングをみせたが、五回に秋信守(インディアンス)にセンターオーバーのソロ本塁打を許し、同点とされた。

 拙攻を重ねた日本は七回に中島の左前タイムリーで勝ち越し、八回には岩村(レイズ)の左犠飛でリードを広げた。

 日本は岩隈を継いだ杉内(ソフトバンク)が八回を締めたが、九回のマウンドに上がったダルビッシュ(日本ハム)が2四球とタイムリーで同点に追いつかれた。

 延長十回、内川、岩村の安打などで二死ニ、三塁とし、イチローの中前タイムリーで2点をあげた。これで生き返ったダルビッシュがその裏の韓国打線を封じ、歓喜の輪の中心となった。(産経ニュース2009.3.24)

==========================

 侍たちは、ものすごい集中力と精神力であった。

 粘り強く、たくましく戦い、快心の勝利だった!

 日本の野球は、まさしく世界一である。

 日本の野球は、中学、高校とすべてトーナメントであり、

リーグ戦という考え方はない。つまり、1回の真剣勝負で

ある。1回負けるとその場から立ち去らなければならない。

まさしく、真剣勝負の侍社会である。

 この学生野球における教育方法は間違って

いなかったのだろう。

 つまり、強い者が勝つのではなく、

粘り強く負けなかった者が強いのだ!

 おめでとう!真の侍になった日本の職業野球人よ!

Mlb0903241434033n1 Mlb0903241439034p2

 

« またまた! | トップページ | 上原彩子の優勝から学ぶ! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真の侍になった日本の職業野球人!(WBC⑨):

« またまた! | トップページ | 上原彩子の優勝から学ぶ! »