2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 日本の職業野球人!(WBC韓国戦) | トップページ | 上村愛子の成長に期待! »

2009年3月 9日 (月)

三塚の優勝を見て!

ウイニングパットの前から、三塚の目には涙がにじんでいた。「本当にほっとした」と重圧から解放されると、心からの安堵(あんど)感を漂わせた。

 2位に2打差をつけて迎えた最終日。「勝たなきゃいけない」という緊張感が、じわじわとプレッシャーをかけていく。

 緊張がピークに達したのは14番のパーパット。手が震え「どこにストロークしていいかも分からなかった」。1.2メートルを外してボギーとすると、15番でも1メートル足らずを外して連続ボギー。経験のない感覚に「また負けるんじゃないか」…。頭をよぎったのは、2位と6打差の首位で最終日を迎えながら優勝を逃した昨年の富士通レディースの悪夢だった。

 だが無理に笑顔をつくり、終盤で最後の粘りを呼び込んだ。終盤3ホールをいずれもパーで乗り切り、2打差で逃げ切った。24歳のホープは、「まずは次の試合に勝つこと」と目の前だけを見据えた。(産経ニュース2009.3.8)

==========================

 飛距離が魅力的な三塚。

 いままでは、アプローチ、パットに課題があったようだ。

 オフに相当練習して、課題を克服しているのが見えた。

 それでも3パットしてしまう。

 ここにメンタルの重要性がある。

 そして、ここにゴルフの本当のおもしろさがある。

Glf0903081751006n1

« 日本の職業野球人!(WBC韓国戦) | トップページ | 上村愛子の成長に期待! »

Golf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三塚の優勝を見て!:

« 日本の職業野球人!(WBC韓国戦) | トップページ | 上村愛子の成長に期待! »