2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 立ち上がれ、日本の職業野球人!(WBC③) | トップページ | どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) »

2009年3月18日 (水)

松坂の逆玉!(WBC④)

「逆球をわざとやったんです」。松坂(レッドソックス)の、驚くべき告白。キューバ打線零封の秘密だった。

 逆球とは、捕手の構えるミットとは反対方向へ投げる球。2次ラウンド初戦のキューバ戦(15日)で6回無失点。対キューバ戦は2004年のアテネ五輪、前回大会決勝に続き無傷の3連勝となったが、実は大胆なわなを仕掛けていた。

 「捕手が早く構えると、キューバはベンチから声を出してくるんです」。松坂によると、キューバのベンチは捕手がミットを構えた位置を打者に声で伝達しているという。このことを、アテネ五輪でキューバと対戦している松坂と城島は知っていた。

 「だから逆球でもOKだった。実際に序盤からはまりました」。打者に“逆”を予想させ、それと違うコースに投げて翻弄(ほんろう)したのだった。

 逆球は、始めからサインで投げるケースもあるが、とっさにコースを変える場合もある。例えば、打者が投球時に打席で踏み込むしぐさを見せると、瞬時に内角へ投げる。逆に打者が体を開こうとすると、外角へ。5球ほどこういった投球があり、制球が定まっていないようにも見えたが、これこそが計算された制球。松坂-城島バッテリーならではの、卓越した技術だった。

 キューバ攻略法を披露した松坂は「(キューバに敗れた)北京(五輪)でも、わかっていれば(日本は)抑えられたと思いますよ」と平然と言ってのけた。

 「国際大会は経験がモノを言う」。松坂がマウンドで実証してみせた。(産経ニュース2009.3.17)

==========================

 逆玉は学生野球でもよく使う手だ。

 ということは、キューバは大ヤマを張ってしか打てない

ということ。

 憶えているだろうか。昨夏の北京オリンピックの

女子ソフトボール!

 ホームランを打ったのは山田。

 このとき、アメリカ投手のライジングボールを

上(うえ)、下(した)とベンチからかけ声をかけていた

日本チーム!

 やはり野球は頭を使えないと勝てない( ̄ー ̄)ニヤリ

Bbl0903171152008p5

 

« 立ち上がれ、日本の職業野球人!(WBC③) | トップページ | どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松坂の逆玉!(WBC④):

« 立ち上がれ、日本の職業野球人!(WBC③) | トップページ | どうした、日本の職業野球人!(WBC⑤) »