2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 最終日の富田に学ぶ! | トップページ | フジサンケイレディスクラック途中打ち切り! »

2009年4月28日 (火)

1952年4月28日「日本、主権を回復!」

  • 1952年4月28日に日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し、日本の主権が回復、国際社会に復帰したことに因む。
  •  

  • 条約が調印された9月8日は「サンフランシスコ平和条約調印記念日」となっている。
  •  

  • 日本国との平和条約(にほんこくとのへいわじょうやく、:Treaty of Peace with Japan、昭和27年条約第5号)とは第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるため、両者の間で締結された平和条約である。
  •  

    この条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことからサンフランシスコ条約・サンフランシスコ平和条約・サンフランシスコ講和条約・SF条約、対日平和条約・対日講和条約などともいう。

     

    この条約の後文には「千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で、ひとしく正文である英語、フランス語及びスペイン語により、並びに日本語により作成した」との一文があり、日本語版は正文に準じる扱いとなっている[2]。これは当時国連公用語だった英語・フランス語・スペイン語・ロシア語・中国語の5カ国語[3]のうちソビエト連邦と中華民国がこの条約には加わらなかったことからロシア語版と中国語版が作成されなかったことによるもので、また日本語が加えられているのは当事国であるからにほかならない。日本では外務省に英文を和訳させ、これを正文に準ずるものとして締約国の承認を得たうえで条約に調印した。現在条約締結国に保管されている条約認証謄本は日本語版を含む4カ国語のものである。

     

    1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、その後国会承認と内閣批准を経て翌年の1952年(昭和27年)4月28日に発効した。日本国内では、昭和27年4月28日条約第5号として公布されている。

     

    この条約によって正式に、連合国は日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認した(第1条(b))。なお、第1条(a)にあるように国際法上ではこの条約の発効により、正式に日本と連合国との間の「戦争状態」は終結したものとされポツダム宣言の受諾を表明した1945年(昭和20年)8月14日国民向けラジオ放送を実施した8月15日降伏文書に署名をした9月2日以降にも戦争状態は継続していたものとして扱われている。

    Yoshida_signs_san_francisco_peace_2 

    « 最終日の富田に学ぶ! | トップページ | フジサンケイレディスクラック途中打ち切り! »

    何の日?」カテゴリの記事

    コメント

    ψ(`∇´)ψやがてのインコの肥しじゃのう

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 1952年4月28日「日本、主権を回復!」:

    « 最終日の富田に学ぶ! | トップページ | フジサンケイレディスクラック途中打ち切り! »