2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 雨あがりの夜空に(RCサクセション)1980年/昭和55年 | トップページ | 男子プロ平塚の優勝から学ぶ! »

2009年5月 5日 (火)

タイガース、ようやく連敗ストップ!

 九回二死一、二塁。フルカウントから寺内のバットが空を切った瞬間、ベンチに安堵(あんど)が広がった。負ければ巨人戦12連敗。1リーグ時代の1940~41年に記録した巨人戦11連敗という球団ワースト記録を更新するところだった。

 真弓監督は「次の巨人戦は7月。それまで勝てないのはちょっと情けない。勝ててよかった」。指揮官としての「伝統の一戦」初勝利にほっと胸をなで下ろした。

 前日は沈黙した打線が奮起した。三回に鳥谷の内野ゴロで1点を先制した直後の二死二塁から、金本が詰まりながらも右中間へぽとりと落とす適時二塁打。五回には二死から、鳥谷が左中間への三塁打。金本が右翼線を破る適時二塁打で3点目をたたき出すと、続く新井、桜井にも適時打が飛び出した。

 先発の下柳も6回無失点で流れをつくった。前回、阪神が最後に巨人に勝ったのは2008年8月29日、下柳が先発した試合。そして連敗の終止符を打ったのもベテラン左腕の好投だった。

 「験担ぎはしない」と話す真弓監督が、試合前、岡野手チーフコーチが知り合いからもらい、ベンチ脇に置いていた「ガネーシャ」というインドで信仰される神様の像を触っていた。少し弱気になっているようにも見えた指揮官だが、ようやく苦境を脱し、「まだまだ鬱憤(うっぷん)は晴らしていない。今から巻き返せると思う」と鼻息を荒くした。(産経ニュース2009.5.4)

===========================

 ようやく、連敗を止めた。

 鳥谷の三塁打が、金本のタイムリーを呼んだ。

 また下柳の頭脳的な投球も光った。

 さあ、この気迫の勝利が次に繋がるかどうか。

 真価が問われる。

Bbl0905042143021p2 Bbl0905042143021p3

« 雨あがりの夜空に(RCサクセション)1980年/昭和55年 | トップページ | 男子プロ平塚の優勝から学ぶ! »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガース、ようやく連敗ストップ!:

« 雨あがりの夜空に(RCサクセション)1980年/昭和55年 | トップページ | 男子プロ平塚の優勝から学ぶ! »