2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 花巻東の菊池! | トップページ | 衆議院選公示日! »

2009年8月18日 (火)

全米プロ選手権④

ミネソタ州チャスカのヘーゼルティン・ナショナルGC(7674ヤード、パー72)で行われていた全米プロ選手権は16日、男子メジャー史上初のアジア人のチャンピオンが生まれた。最終日最終組のラウンドをタイガー・ウッズとともに回った韓国のY・E・ヤンがこの日2アンダー、通算8アンダーで優勝した。優勝賞金は135万ドル(約1億2800万円)。

 3日目までトップを走っていたウッズはこの日、3オーバーとスコアを崩し、通算5アンダーで2位となった。今季4つのメジャー大会を終え、ウッズはついに1冠も得ることができなかった。石川遼は最終日を4バーディー4ボギーのイーブンで回り、藤田寛之とともに通算8オーバーで56位タイだった。

 優勝の行方を分けたのは、8アンダーで並んで迎えた14番のミドルホールだった。ここでヤンは2打目を直接カップインさせるスーパーイーグル。何度もガッツポーズを繰り返し、吠えまくったヤンに対し、ウッズもバーディーを奪ったが、終盤にきてついに首位を譲り渡す格好になった。

 17番ショートではともにパーパットを外し、1打差で迎えた最終18番ホール。決定的なバーディーパットを沈めて再びガッツポーズをみせるヤンのかたわらに、うなだれるウッズの姿があった。ウッズはこのホールもボギーとし、終わってみれば3打差。2打差をつけての首位で最終日を迎えながらの屈辱の逆転負け。それでも最後は笑顔でアジア人初のメジャー王者の手をとり、握手で勝利をたたえた。

ヤンの快挙以前にも、男子のアジア勢は何度かメジャー制覇に近づいたことがあった。

 日本選手では青木功が1980年全米オープンジャック・ニクラウス(米国)との激戦の末、2位になったのが有名。中嶋常幸は88年の全米プロで3位に食い込んだ。

 71年全英オープンの呂良煥、85年全米オープンの陳志忠と台湾勢がともに2位と健闘。ヤンと同じ韓国勢では崔京周が5年前のマスターズで3位に入った。(産経ニュース2009.8.17)
===========================

 14番のチップイン・イーグルよりも18番の勇気あるセカンド・ショット!

 完全にウッズを飲み込んでいた。

 我慢し、パーを確実に取る、そしてチャンスと見れば果敢に

バーディーを狙う。すばらしいマネジメントであった。

 次は1日も早い日本人のメジャー制覇だ!

 Glf0908170822011n1

« 花巻東の菊池! | トップページ | 衆議院選公示日! »

Golf」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全米プロ選手権④:

« 花巻東の菊池! | トップページ | 衆議院選公示日! »