2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« SANKYOレディース | トップページ | 鳩山由紀夫、申告漏れ! »

2009年11月 3日 (火)

【秋の褒章】「棚から本マグロ」シンガーソングライター・中島みゆき(57)

 「思いがけず嬉(うれ)しいことの表現に『棚からボタ餅(もち)』と申しますが、今の私の気持ちは、ボタ餅どころではございません。『棚から本マグロ』。これくらいの驚きでございます」

 熱狂的なファンを生んだラジオ番組「オールナイトニッポン」のDJ時代をほうふつとさせる軽妙な語り口。所属事務所を通じ、ユニークな表現で喜びのコメントを伝えた。「辞退なんかしたら二度とこんな機会はないかもと思いまして、即座に『いただきます!』と、お返事してしまいました」という。

 1975(昭和50)年にデビュー。以来、80年代の「悪女」、90年代はテレビドラマ主題歌「空と君のあいだに」、2000年代はNHK「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」と、各年代で印象に残るヒット曲を生み出してきた。

 望郷の念を話しかけるように歌った「ホームにて」、世の中への懐疑と人の夢のはかなさを込めた「世情」など時代を超えて人の胸に迫る曲を数多く発表。「ニュアンス表現に富んだ語りかけるような声や押し付けるような独特な力感に満ちた声を駆使して歌い分け、個性的でありながら普遍性のあるドラマチックな歌唱表現」。受章理由も独創性をたたえた。

 「これを励みに、より一層、元気いっぱい歌い続けていきたい」。ライフワークの「夜会」公演が18日から始まる。今まで以上に魅力的なステージを見せてくれそうだ。(産経ニュース2009.11.3:堀晃和)

            ◆            ◆

紫綬褒章を受章したシンガーソングライター中島みゆきさんのコメント全文は次の通り。

思いがけず嬉しいことの表現に「棚からボタ餅」と申しますが、今の私の気持ちは、ボタ餅どころではございません。

「棚から本マグロ

これくらいの驚きでございます。

ふつう、何かを戴けそうな場合には、たちどころに受け取るのは少々はしたないので、まあ2度くらいは辞退して、それでもとおっしゃるなら頂戴するのが、日本人の奥ゆかしいマナーなのでございましょうが、この度のような褒章となりますと、到底「ふつう」ではないことですので、辞退なんかしたら二度とこんな機会はないかもと思いまして、即座に「いただきます!」と、お返事してしまいました。

お世話になってきた沢山の皆様に、心から感謝申し上げ、これを励みに、より一層、元気いっぱい歌い続けて行きたいと思います。(中島みゆき)

==========================

 やりましたね!

http://www.youtube.com/watch?v=1AiNzWi4MZw&feature=fvw

Msc0911020501000n1

« SANKYOレディース | トップページ | 鳩山由紀夫、申告漏れ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

中島みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« SANKYOレディース | トップページ | 鳩山由紀夫、申告漏れ! »