2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 20世紀少年第2章-最後の希望-2009年/平成21年 | トップページ | 微笑みの法則-スマイル・オン・ミー-(柳ジョージ&レイニーウッド)1975年/昭和50年 »

2010年1月 7日 (木)

【次代への名言】気概の政治家編(伊藤博文)

 「苟(いやしく)も天下に一事一物を成し遂げようとすれば、命懸けのことは始終ある。依頼心を起こしてはならぬ。自力でやれ」(伊藤博文

 明治の元勲の筆頭格、伊藤博文が、ほぼ100年前、留学を控えた次男に与えた訓戒の一節である。

 「お前に何でも俺(おれ)の志を継げよと無理は言はぬ。持って生まれた天分ならば、たとえお前が乞食(こじき)になったとて、俺は決して悲しまぬ。金持ちになったとて、喜びもせぬ」。これはその語りはじめのことば。そしてこう続けられる。

 「しかし、万一お前が持って生まれた天分で俺の志を継ごうという気なら、第一に、寸時も忘れてはならぬことは、天子様に忠義を尽くすという事ぢゃ」

 発言に軽さがうかがえる現政権とは対照的に、伊藤の皇室への畏敬(いけい)は深い。こんな逸話もある。あるとき、伊藤は宮廷に首相辞任を上申した。静かに聴いていた明治帝だったが、開口一番、「待て。卿(伊藤のこと)は辞職で事済み、気も楽になるであろう。朕には辞職ということなきぞ」。多弁でしられた伊藤だったが、ことばを失い、大汗をかいて平伏したまましばらく動けなかったという。

 さて、伊藤が皇室の忠義の次に必要-と説いたのは、「至誠」だった。このことばについては、彼の青年時代を振り返る必要があるだろう。(産経ニュース2010.1.3)

Itohirofumiv384

« 20世紀少年第2章-最後の希望-2009年/平成21年 | トップページ | 微笑みの法則-スマイル・オン・ミー-(柳ジョージ&レイニーウッド)1975年/昭和50年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【次代への名言】気概の政治家編(伊藤博文):

« 20世紀少年第2章-最後の希望-2009年/平成21年 | トップページ | 微笑みの法則-スマイル・オン・ミー-(柳ジョージ&レイニーウッド)1975年/昭和50年 »