2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 福引き | トップページ | 会社の初詣! »

2010年1月 4日 (月)

いよいよ本格的な人口減へ!

厚生労働省は31日、平成21年の人口動態統計の年間推計を発表した。日本在住の日本人の人口は、過去最大の7万5000人の自然減となる見通し。出生数が前年に比べ大幅減となったことに加えて、死亡数も昭和22年の統計開始以来最多を記録したため。自然減は3年連続で、人口の減少幅は今後さらに拡大する見込みだ。

 人口動態統計の年間推計は、1月から10月までの速報値を基に1年分を推計した。

 出生数は前年比2万2000人減の106万9000人。過去最少だった平成17年の106万2530人に次ぐ低さで、2年ぶりに減少傾向に転じた。出産適齢期の女性数減や、1昨年秋以降の不況が影響したとみられる。厚労省では21年の合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の平均数の推計値)が前年と同水準の1・37程度になると見込んでいる。

 死亡数は高齢化が進み前年比2000人増の114万4000人と過去最多を更新。7年連続100万人超えとなった。出生数から死亡数を引いた自然増加数は3年連続マイナスとなった。

 婚姻数は71万4000組(前年比1万2000組減)で2年ぶりに減少。離婚数は25万3000組(同2000組増)で7年ぶりに増加した。(産経ニュース2010.1.1)

==========================

 いよいよわが国の人口減がはじまる。

 働ける世代がなにを生み出すか、また高齢者がなにを

生み出すか、いままでにない発想が求められる。

Plc1001011002008n1

« 福引き | トップページ | 会社の初詣! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ本格的な人口減へ!:

« 福引き | トップページ | 会社の初詣! »