2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« なごり雪(イルカ)1975年/昭和50年 | トップページ | 今年3回目のラウンド(藤岡GC西) »

2010年2月 5日 (金)

朝青龍、引退!!!

知人男性に対する暴行問題の責任を取る形で、現役引退を表明した横綱朝青龍関は4日午後3時45分、師匠の高砂親方(元大関朝潮)に伴われ、両国国技館の記者会見場に現れた。「みなさまに大変ご迷惑をかけ、お騒がせした。責任をもって引退をしました」と表明。決断の時期は明かさず、「師匠と話し合いの上で考えた」とだけ説明した。

 カメラのフラッシュを浴びる中で時折、笑みも浮かべたが、引退の引き金となった暴行問題に釈然としない思いが残るのか、「メディアで流れたことと実際に起こしたことは、かなり格差がある」と本音を漏らす場面も。曲折をへた末の引退に「最後にけじめをつけるのは僕しかいない。これが自分の運命」と潔さを強調した。

 土俵内外で横綱の品格を損なった型破りな振る舞いについても釈明。「正直いえば、土俵に上がれば鬼になる。今までにない人だったので、みなさまにご迷惑をかけた」と話した。

 横綱の顔色が変わったのは、現役時代の思い出を聞かれたとき。新小結に昇進した平成13年夏場所の初日にモンゴルから初めて両親を招き、横綱武蔵丸を破った一番を挙げた。「両親の前で…」と言葉を湿らせると沈黙。しばし、目頭にハンカチを押し当てた。

 今後の進路は未定という。自身をめぐる連日の報道に疲れをのぞかせ、「精神的なダメージを受けた。みなさん(報道)の力に圧倒されたこともある。このへんで、ゆっくりしたい」と大きく息を吐き出した。(産経ニュース2010.2.4)

===========================

 結果的に引退に追い込まれた。

 横綱というよりもチャンピオンに近かった。

 まわしよりもチャンピオンベルトが似合う。

 日本人はよそ者をどうしても受け付けない。

 必ず叩く。兄貴もプロレス参戦しているので、

プロレス転向かなヽ(´▽`)/

Mrt1002041850024p4

« なごり雪(イルカ)1975年/昭和50年 | トップページ | 今年3回目のラウンド(藤岡GC西) »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍、引退!!!:

« なごり雪(イルカ)1975年/昭和50年 | トップページ | 今年3回目のラウンド(藤岡GC西) »