2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一著) | トップページ | 公認会計士試験の二段階化に筋道、大手監査法人が支持表明 »

2010年3月25日 (木)

「EXILE」所属事務所、東京国税局の税務調査でおよそ3億円の申告漏れ指摘

人気ボーカルグループ「EXILE」が所属する芸能プロダクションが、東京国税局の税務調査を受け、およそ3億円の申告漏れを指摘されていたことがわかった。
東京・目黒区の芸能プロダクション「LDH」は、EXILEのほか、モデルのRIKACOさんらが所属していて、代表はEXILEのリーダーのHIROさんが務めている。
LDHによると、2009年9月に東京国税局の税務調査を受け、2009年3月期までの2年間の法人税と消費税の申告について、指摘を受けたという。
東京国税局はLDHに対し、2年間であわせておよそ3億円の申告漏れを指摘し、そのうち、およそ2億円を重加算税の対象としたとみられる。
民間の調査会社によると、LDHは、EXILE人気などから、売り上げを急激に伸ばしていて、調査の対象となった2008年3月期の売り上げは、前期の売り上げのおよそ4倍になっていた。
LDHは、FNNの取材に対し「修正申告書を提出し、納付も完了しています。所得隠しのような意図的な行為は一切ありません」とコメントしている。
(2010.3.24フジニュース)

==========================

 「企業経営者の心にベルトをかけろ」

 経営者の心の隙、もしかしたらバレないかもしれない!

 こう思ったときから堕落が始まる!

 Sp2010032401_50

« 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一著) | トップページ | 公認会計士試験の二段階化に筋道、大手監査法人が支持表明 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一著) | トップページ | 公認会計士試験の二段階化に筋道、大手監査法人が支持表明 »