2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 富士通、秋草相談役が取締役を退任へ=関係筋 | トップページ | 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一) »

2010年3月24日 (水)

【MLB】イチロー、「ザ・キャッチ」をほうふつさせる美技で魅せる

イチローが二回、右翼フェンスに向かう打球を後ろ向きに追う。ここしかない、というタイミングでジャンプすると、ボールは差し出されたグラブの先に収まった。

 名手ウィリー・メイズ1954年のワールドシリーズで見せた伝説的プレー、「ザ・キャッチ」をほうふつとさせる美技。客席全体が同時に息をのみ、歓声とともに大きく吐き出した。

 ライナー性の打球の滞空時間は短く、捕球体勢を整えることはできない。自分の真後ろに伸びた当たりで左右どちらかに振り向いて捕ることも不可能。それを捕れたのは、普段から守備練習の合間に背面、背走キャッチを行い、とっさの場合に備えているイチローだからこそだろう。

 「あんなプレー見たことないよ」と、ワカマツ監督は小さく首を振りながら感心した。イチローは「見ている人の気持ちが動いたり、ハッとすることが増えればいい」と今年の抱負を語っている。(産経ニュース2010.3.24)

========================== 

 いよいよこの方の季節がやってきた

Mlb1003241129010p1

« 富士通、秋草相談役が取締役を退任へ=関係筋 | トップページ | 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一) »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 富士通、秋草相談役が取締役を退任へ=関係筋 | トップページ | 歴史の読み方―明日を予見する「日本史の法則」(渡部昇一) »