2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

« 我が家のひな人形です! | トップページ | ドル亡き後の世界(副島隆彦) »

2010年3月 4日 (木)

凄い時代 勝負は2011年(堺屋太一)

世界的な経済危機をむかえ、景気は底を打って上昇している現在。しかしその先にまた再び景気が下降する「二番底」の到来。

その到来後の世界には新しい社会経済風景が。選択肢は2つ、知価社会の進展あるいは統制強化のブロック経済

そんな新時代に日本がどうなるかを決する年が2011年だという。

“凄い時代”。チャンスを活かす5つの条件。

 1.気質。変化を歓び、改革を好む気質。

 2.アイデア。大事なのはビジネス・モデル。

 3.先見。成長分野を嗅ぎつける感覚と将来を見通す予測能力。

 4.勇気。自らを信じて撃って出る決断力。

 5.少しばかりの好運。

 ……。
 
 勝負の秋(とき)は、2011年。

 今日の日本の経済不況は、自由化・規制緩和のせいではない。

 この国の問題は、製造業を中心とした物財の面だけを
 
 自由化・規制緩和しながら、21世紀の成長分野である

 医療・介護・育児・教育・都市運営・農業などを

 完全な統制体制のままにしてきた“偽りの改革”にある。

 その上。

 日本では情報もまた、官僚とそれにつながる少数のマスコミで

 囲い込まれ、事実の半面だけを拡大する傾向が強い。

 霞が関の記者クラブは21世紀の“情報出島”、

 ここからだけ重要情報が発信されている。

 政治家は、官僚発の情報に操られ、

 企業は、“お上”に睨まれるのを恐れて真実を語らない。

 それでも、国民はこのカラクリに気づきだした…。

http://www.amazon.co.jp/%E5%87%84%E3%81%84%E6%99%82%E4%BB%A3-%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%81%AF%E4%BA%8C%E3%80%87%E4%B8%80%E4%B8%80%E5%B9%B4-%E5%A0%BA%E5%B1%8B-%E5%A4%AA%E4%B8%80/dp/4062120801

51mdz0en12l__sl500_aa240_

« 我が家のひな人形です! | トップページ | ドル亡き後の世界(副島隆彦) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄い時代 勝負は2011年(堺屋太一):

« 我が家のひな人形です! | トップページ | ドル亡き後の世界(副島隆彦) »