2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 駒込 ラーメン! | トップページ | 信州ほるもん亭 »

2010年4月28日 (水)

「探そう!ニッポン人の忘れもの」③

■「お馬の公園」のおじちゃんたち

山口好美さん(45歳、神奈川県、会社員)は、小さい頃、父親と手をつなぎ、散歩しながら、よく大井競馬場に連れて行って貰ったことを覚えている。
「お馬の公園でも行くか?」「うん!」 

私は馬が見たいのではなく、「おでん」が目当てだった。「パパが戻るまでここにいるんだぞ。動いちゃダメだぞ」。そう言っていつも私におでんを1本持たせてくれた。場所は藤棚の下のベンチ。

おじちゃんたちが目の前を通りすぎて、「おっ、父ちゃん待ってんのか? えらいな」「動いちゃダメだぞ。迷子になるからな」。そう言いながら頭をなでてくれたりもした。今では考えられないが、皆が優しく見守ってくれている感じだった。

いつから人を疑う殺伐とした世の中になったのだろう。

子供たちを「皆が優しく見守ってくれている」というのは、以上の3編に共通して言えることだろう。

そして、子供の時に大人たちから受けたちょっとした思いやりが、数十年後まで心に残っているという点が印象深い。こうした思いやりを注がれて育った子供は、また思いやりのある大人に育つだろう。

「子供は社会で育てる」というのは、こういう事だ。単に子ども手当をばらまくだけでは、子供たちに思いやりの心は育たない。

Flowers002

« 駒込 ラーメン! | トップページ | 信州ほるもん亭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「探そう!ニッポン人の忘れもの」③:

« 駒込 ラーメン! | トップページ | 信州ほるもん亭 »