2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【プロ野球】神5-4ロ 阪神がサヨナラ勝ち | トップページ | 『事業を成功させる三つのアプローチ』(P.F.ドラッカー) »

2010年5月26日 (水)

【サッカー日本代表】疲労感たっぷりの「進退伺」問題

惨敗に終わった韓国戦から一夜明けて、再出発を期した日本代表の練習は、岡田監督の弁明から始まった。「1人だけ逃げたりはしない。メンバーを選んだ以上は責任を持って戦う」

 韓国戦後の指揮官の発言は大きな波紋を呼んだ。「当然、責任問題になる。(犬飼)会長には『(監督を)続けていいですか』と尋ねたが『やれ』ということなので。前に進むしかない」。この発言を伝え聞いた選手たちは一様に驚き、長谷部は「監督がそういう言葉を出したのは、すべて僕らに責任がある」と神妙な表情で語った。

 気持ちを察したスタッフの進言で設けられた弁明の機会。指揮官は冒頭、「みんな心配してないかもしれないけど」と精いっぱいのユーモアを交えたが、笑う選手は1人もいなかった。「びっくりしましたよ。まさか岡田さんが真剣にそんなこと言わないだろうと思ったけど」とは長友。この日、犬飼会長に「『僕でいいか』と聞いたのは『僕にやらせてくれ』ってことなんです」と話した監督の“真意”は誰にも伝わらず、無用の混乱だけを引き起こした。

 代表は26日に日本を離れ、スイスでの最終合宿に入る。連動性の回復を目指し、過酷な高地トレーニングが待ち受ける中、選手は余計な疲労感を背負っての出発となってしまった。(産経ニュース2010.5.25)

============================

 なにを考えている

 ブツブツ言ってないで最後まで職責を全うしろ

Scr1005252012029n1

 

« 【プロ野球】神5-4ロ 阪神がサヨナラ勝ち | トップページ | 『事業を成功させる三つのアプローチ』(P.F.ドラッカー) »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【サッカー日本代表】疲労感たっぷりの「進退伺」問題:

« 【プロ野球】神5-4ロ 阪神がサヨナラ勝ち | トップページ | 『事業を成功させる三つのアプローチ』(P.F.ドラッカー) »