2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【相撲】魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V | トップページ | 玉置&青田、初2ショット 事実婚認め“新婚旅行”香港へ »

2010年5月25日 (火)

『能力点検をマメに行なう』鎌田浩毅(京都大学大学院教授)

1.「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という有名な書き出しで始まる福澤諭吉の「学問のすすめ」は、明治時代に22万部という驚異的な部数を刊行したベストセラーだ。人口比で現代に換算すると80万部を超える自己啓発本の元祖でもある。諭吉は、人の価値は生まれながらのものではなく、学問を習得した度合によって決まると説く。全編を通して学力ある人の尊厳が熱く語られる。人間を身分や家柄でなく実力で判断する業績第一主義である。

2.諭吉の言う学問とは「実学」のことである。和歌や王朝文権階級が享受してきた学問ではなく、庶民が生きていくうえで必要な、時代に即したものである。読み書き算盤に始まり、地理学、究理学(物理学)、経済学が含まれ、これらを西洋の翻訳書から学べと説いた。米国やヨーロッパをじかに見てきた諭吉にとって、西洋世界で研究されている諸学問はすべて実学なのである。

3.こうした実学を身に付ければ、変転する世界にも対応できると諭吉は考えた。ここで大切なことは、「棚卸し」すなわち点検のし直しである。商品の「棚卸し」を定期的に行うのと同様に、自分自身が持っている能力の点検も怠るなという意味である。能力点検をマメに行い、今すべき仕事をきちんと特定せよ、という助言である。「論語」でいう「下学(かがく)上達(じょうたつ)」(現在のポストでよい仕事をこなし、いずれ上位に達する)の姿である。
(参考:「週刊東洋経済」2009年11月28日号)

« 【相撲】魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V | トップページ | 玉置&青田、初2ショット 事実婚認め“新婚旅行”香港へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『能力点検をマメに行なう』鎌田浩毅(京都大学大学院教授):

« 【相撲】魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V | トップページ | 玉置&青田、初2ショット 事実婚認め“新婚旅行”香港へ »