2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 小泉進次郎が初めて明かした「世襲の苦労」 | トップページ | 【ボクシング】内藤が再起戦でKO勝ち 階級変更の可能性も »

2010年5月 9日 (日)

『有望な生花業界』

1.葬儀業界の市場規模は現在、推定1兆3000億~1兆5000億円といわれている。葬儀の費用で大きな割合を占めているのが、数十万円する「祭壇料」だ、祭壇の主流は、白木祭壇から色とりどりの花を用いた生花祭壇へと移りつつある。供花、献花など、花は葬儀の要所要所で顔を出す重要な脇役でもあり、他社との差別化を図るうえで、花の役割は大きい。

2.1件の葬儀で花の売り上げが全体の3分の1を占めるといわれるほど、生花は葬儀社の重要な商品なのだ。一方、生花業界においても、需要の約3割は冠婚葬祭など業務用が占める。長引く不況で切り花の需要が伸び悩む生花店にとって、1度に300本もの量がさばける生花祭壇は、ビジネス的に大変魅力的な商材だ。
(参考:「週刊東洋経済」2009年12月5日号)

« 小泉進次郎が初めて明かした「世襲の苦労」 | トップページ | 【ボクシング】内藤が再起戦でKO勝ち 階級変更の可能性も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『有望な生花業界』:

« 小泉進次郎が初めて明かした「世襲の苦労」 | トップページ | 【ボクシング】内藤が再起戦でKO勝ち 階級変更の可能性も »