2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 飛んでイスタンブール(庄野真代)1978年/昭和53年 | トップページ | 『能力点検をマメに行なう』鎌田浩毅(京都大学大学院教授) »

2010年5月24日 (月)

【相撲】魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V

大相撲夏場所千秋楽は23日、大関魁皇が大関琴欧洲に勝ち、史上2人目となる通算千勝の偉業を達成した。史上1位は元横綱千代の富士(現九重親方)の1045勝。

 魁皇は幕内832勝、幕内在位101場所で、ともに歴代最多を更新中。今場所は十両以上在位111場所目となり、この史上1位記録を塗り替え、9勝6敗で終えた。

 魁皇は貴乃花(現親方)、若乃花の兄弟横綱らと同じ、1988年春場所初土俵で力士生活23年目。2000年名古屋場所後に大関に昇進し、幕内優勝を5回果たした。今場所前には幕内在位100場所を達成した功績を評価され、内閣総理大臣顕彰を受けた。

 横綱白鵬が大関日馬富士を下し、春場所に続く6度目の15戦全勝優勝を果たした。2場所連続の全勝優勝は、04年春場所に達成した横綱朝青龍以来で白鵬は初めて。

(産経ニュース2010.5.23)

============================

 白鵬は大横綱になるんじゃないか。敵無しだ

 魁皇は優勝はできないが、目標を通算勝利に切り替えている

 千代の富士の1045勝は抜きそうだな

Mrt1005231841003p1

Mrt1005231841003p2

« 飛んでイスタンブール(庄野真代)1978年/昭和53年 | トップページ | 『能力点検をマメに行なう』鎌田浩毅(京都大学大学院教授) »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【相撲】魁皇が通算1000勝 白鵬、2場所連続全勝V:

« 飛んでイスタンブール(庄野真代)1978年/昭和53年 | トップページ | 『能力点検をマメに行なう』鎌田浩毅(京都大学大学院教授) »