2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« ROOKIES -卒業-(2009年/平成21年) | トップページ | 事件が・・・・ »

2010年5月 7日 (金)

「探そう!ニッポン人の忘れもの」⑨

■深夜の間違い電話

高原早苗さん(47歳、滋賀県、主婦)は、中学生だった頃、警察官だったお父さんから、こんな話を聞いた。

事件が発生し、大至急上司の指示を仰がなければならなかった父は、午前3時という、とんでもない時間に、上司のお宅に電話をした。しかし、気をつけていたつもりだったが、やはり焦りがあったのか、電話はまったく違うお宅につながってしまった。

恐縮して謝る父に、電話に出た見知らぬ婦人は、こう言ってくださったそうである。

「お巡りさんこそ、こんなとんでもない時間に、市民のために働いてくださってありがとうございます。

それぞれの人が、自分の仕事を通じて、世のため人のために尽くしている。それに感謝することで、その人はやり甲斐を感じ、いっそうの思いやりを込めて仕事に向かう。こうして、思いやりの心は社会の中で増幅し、広まっていく。

高原さんは、こう結んでいる。

この話を聞いたとき、私は、見ず知らずの人にまで思いやりの心をもてる、この婦人のような人間になろう、と心に決めたはずだった。なのに、30余年が過ぎた今、私は、自分の不愉快さをはっきりと示すオトナになっている・・・忘れものを取りに行かねば。

Flowers006_2

« ROOKIES -卒業-(2009年/平成21年) | トップページ | 事件が・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「探そう!ニッポン人の忘れもの」⑨:

« ROOKIES -卒業-(2009年/平成21年) | トップページ | 事件が・・・・ »