2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年21回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 【プロ野球】日2-4神 代打鳥谷が勝ち越し打 »

2010年5月29日 (土)

【産経抄】5月29日

 ちょうど50年前、昭和35年の今ごろ、東京は「アンポ」一色に染まっていた。当時5歳の安倍晋三少年は祖父である岸信介首相の家に遊びにいった。首相を相手のお馬さんごっこで、「アンポハンタイ」とデモ隊をまねては、祖父を困らせたという。

▼安倍元首相が折にふれ語っている「60年安保秘話」である。言うまでもなく岸首相は、日米安保条約の改定に政治生命をかけていた。かわいい孫に「ハンタイ」と言われたときの苦笑いが目に浮かぶようだ。とはいえ、まだ5歳の坊やでは仕方なかっただろう。

▼これに対し、2代前の鳩山一郎首相の孫の由紀夫現首相は当時13歳、中学2年生だったはずだ。確かめたわけではないが、中学生であれば政治や社会に関心を持っていてもおかしくない。ましてや元首相の孫である。日米安保についても、いろいろ考えたに違いない。

▼と思っていたのだが、どうやら間違いだった。今月初め、普天間問題で沖縄を訪問したとき「学べば学ぶほど(海兵隊で)抑止力を維持できていることがわかった」と「名言」をはいた。米軍の抑止力こそ日米安保の根幹をなすことすら、ご存じなかったらしい。

▼それだけではない。一昨日開かれた全国知事会議で、石原慎太郎東京都知事が「尖閣諸島で日中が衝突した場合、日米安保が適用されるのか」と聞いた。首相は「(米国に)確かめる必要がある」と答えたそうだ。しかしこれも、日米安保への無関心を示すものだった。

▼この問題では前の麻生政権時代に「安保適用」の確認を米側から得ているからだ。そうでなくとも、常に有事のさいを考えておくのが、宰相たる者の務めである。国の安全より連立政権の方に関心があるとは、いよいよ日本も危うい。

Flowers004

« 今年21回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 【プロ野球】日2-4神 代打鳥谷が勝ち越し打 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【産経抄】5月29日:

« 今年21回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 【プロ野球】日2-4神 代打鳥谷が勝ち越し打 »