2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【サッカー日本-イングランド】オウンゴールで2失点 日本代表3連敗 | トップページ | 昭和天皇論(小林よしのり著) »

2010年5月31日 (月)

唇フェチ悩殺“第2のアンジェリーナ・ジョリー”とは?

『マトリックス』シリーズのジョエル・シルバーがプロデュースを行い、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマンが共演する話題の映画『ザ・ウォーカー』。実写版「AKIRA」の監督候補としても話題のヒューズ兄弟最新作の本作に、唇フェチ悩殺の“第2のアンジェリーナ・ジョリー”と話題を集める新人女優が出演している。

その女優の名はミラ・クニス。日本での知名度は高くなく、この名前から顔を思い浮かべることはなかなか難しい。だがジワリジワリとその魅力は世界に伝わり始めている。
テレビ映画「ジーア/悲劇のスーパーモデル」では、容姿がそっくりとのことから主演のアンジェリーナの幼少時代を演じるなど、子役時代からダイアの原石的存在感を発揮していたミラ。その注目度は成長と共にアップし、英エンパイア誌の「セクシーな映画スター100人」ではアンジェリーナやスカーレット・ヨハンソンなどに続き8位にランクイン。この勢いと影響を映画人が見逃すはずもなく、何とデンゼル・ワシントン直々の指名で、映画『ザ・ウォーカー』出演の切符を手にしたのだ。

荒廃した世界で、一冊の本を目的地へと運ぼうとするウォーカー(デンゼル)の旅を描いた本作でミラが演じるのは、ウォーカーの本を付け狙う独裁者の下で酒場の給仕をしているソラーラ。ヒロインという位置付けではあるが、ワイルドな美貌のミラに可憐さや清楚さはなく、それが荒々しい世界で気丈に生きるソラーラというキャラクターに説得力を与えている。また映画『トゥームレイダー』でアンジェリーナが演じた最強の女戦士ララ・クラフトを思わせるシーンもあり、“第2のアンジェリーナ・ジョリー”と言われるのも納得の活躍を見せる。(Niftyより転載)

映画『ザ・ウォーカー』は6月19日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

http://movie.nifty.com/sp/thewalker/

Walker1

« 【サッカー日本-イングランド】オウンゴールで2失点 日本代表3連敗 | トップページ | 昭和天皇論(小林よしのり著) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唇フェチ悩殺“第2のアンジェリーナ・ジョリー”とは?:

« 【サッカー日本-イングランド】オウンゴールで2失点 日本代表3連敗 | トップページ | 昭和天皇論(小林よしのり著) »