2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 日本税理士会連合会から、税理士法の改正案が公表された! | トップページ | 日曜日の昼食! »

2010年6月28日 (月)

『社長は10年後の世の中を見据える』似鳥昭雄(ニトリ社長:22期連続増収増益)

1.ロマン、ビジョン、意欲、執念、好奇心。企業にはこの五つがないといけない。ロマンとは志のこと。世のため、人のためとなるという志だ。ロマンを実現するために、長いスパ
ンのビジョンが必要になる。それを立てるのは社長の仕事だ。社長は、少なくとも10年後に世の中がどうなっているかを見据え、その世の中に対して何をしたいのかを決めなくてはならない。

2.社員は、ビジョンに対して計画や課題をつくる。そういったビジョンや計画があれば意欲が出てくるし、達成させるまで諦めないという執念も出てくる。好奇心をもって、見たり
聞いたり、具体的な行動に出るようにもなる。だから、なんぼ社員が優秀でも、社長が10年後を見誤ってビジョンを立ててしまえば、すべて台なしになる。

3.米国に学ぶものはなにもないという人もいるが、そんなことはない。日本は今でも、米国から20~25年も遅れている。ニトリも、点数を付けるとしたら、価格は70点、品質は60
点、コーディネートは50点だ。今はうまくいっているが、調子がよいときが一番危険だ。堕落し、衰退すれば歯止めがきかなくなり、立ち直るのに5年も10年もかかってしまう。危機
感を持たなければいけない。
(参考:「週刊ダイヤモンド」2010年2月6日号)

« 日本税理士会連合会から、税理士法の改正案が公表された! | トップページ | 日曜日の昼食! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本税理士会連合会から、税理士法の改正案が公表された! | トップページ | 日曜日の昼食! »