2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【W杯】難敵パラグアイ支える女神 美しすぎるサポーター? | トップページ | 【W杯】泣くな駒野! 長谷部「PKは時の運」、闘莉王「最高の仲間たち」 »

2010年6月30日 (水)

『利益とは社会貢献の証しでありさらなる社会貢献をする』田坂広志(シンクタンク・ソフィアバンク代表)

1.日本という国は、世界の資本主義を変えていく起点になると思っています。なぜなら、これから世界の資本主義の根底にある経済原理に、大きなパラダイム転換が起こる。しかし、そのパラダイム転換の結果、求められるようになる「新たな価値観」とは、実は、日本という国が昔から大切にしてきた「懐かしい価値観」でもあるからです。

2.たとえば、いま世界の潮流となっているCSR(企業の社会的責任)。しかし、日本型資本主義の根底には、もともと「世間のために」という思想があります。昔から日本では、「働くとは、傍(はた)を楽(らく)にすることだ」といわれる。それが日本人にとっての労働の意味でした。だから、日本企業においては、誰もが「世のため、人のため」といって一生懸命に働き、そこに働き甲斐を求める文化があったのです。

3.たとえば、かって松下幸之助が語った言葉。「企業は、本業を通じて社会に貢献する。利益とは、社会に貢献したことの証しである。企業が多くの利益を得たということは、その
利益を使ってさらなる社会貢献をせよ、との世の声である」。これらの言葉に象徴されるように、日本型資本主義においては、「利益とは社会貢献をするための手段であり、社会貢献の証しである」との深い思想があったのです。
(参考:「Voice」2010年5月号)

« 【W杯】難敵パラグアイ支える女神 美しすぎるサポーター? | トップページ | 【W杯】泣くな駒野! 長谷部「PKは時の運」、闘莉王「最高の仲間たち」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【W杯】難敵パラグアイ支える女神 美しすぎるサポーター? | トップページ | 【W杯】泣くな駒野! 長谷部「PKは時の運」、闘莉王「最高の仲間たち」 »