2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『一人の消費者としてサービスを体験する』  | トップページ | 『社員が顧客の視点に立ち自分の仕事のやり方を考える』村田恒夫(村田製作所社長) »

2010年7月29日 (木)

『究極の御用聞きサービス』

1.会員顧客から注文のあった食材などを自宅に届ける宅配事業で黒字化を達成しているのが阪急キッチンエールだ。年中無休、前日の夜12時までにインターネットか電話で注文を入れれば、夕方5時までに商品が届く。宅配という利便性はもちろんのこと、百貨店とスーパーの隙間を埋める。毎週会員に届くカタログには、常時2000の商品が掲載されている。さらにバイヤー22人が全国を飛び回り、新たな仕入先を開拓している。

2.阪急キッチンエールを利用するには入会費1000円と月会費500円がかかる。定期的に利用してくれるリピーターこそがターゲットだ。無料ではないぶん、固定客である会員には、きめ細かく手厚いサービスを提供する御用聞きに徹する。
(参考:「週刊ダイヤモンド」:2010年2月6日号)

« 『一人の消費者としてサービスを体験する』  | トップページ | 『社員が顧客の視点に立ち自分の仕事のやり方を考える』村田恒夫(村田製作所社長) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『究極の御用聞きサービス』:

« 『一人の消費者としてサービスを体験する』  | トップページ | 『社員が顧客の視点に立ち自分の仕事のやり方を考える』村田恒夫(村田製作所社長) »