2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年30回目のラウンド(越谷ゴルフ倶楽部) | トップページ | マグロのかま! »

2010年7月25日 (日)

【大相撲名古屋場所】負けない相撲、ライバル不在…白鵬に69連勝の可能性

暗い話題が続く角界で、横綱、白鵬が光を放っている。名古屋場所では、15日制で初となる3場所連続全勝優勝を達成。初場所以来の連勝を、昭和以降3位となる47に伸ばした。歴代1位は双葉山の69。白鵬は“角聖”の大記録を超えることができるのか。

 玉ノ井親方(元大関、栃東)は「今の横綱に負ける要素は見受けられない」と舌を巻く。身長192センチ、体重154キロの体は柔軟で、手足は長いが重心が低いため、簡単に体勢を崩されない。右四つで左上手を引くと盤石の強みを発揮する。史上最多の32回優勝を記録した大鵬と似た「負けにくい取り口」で、昨年には86勝4敗と年間最多勝記録をつくっている。

 鳴戸親方(元横綱、隆の里)は「白鵬に勝つには、懐に入ってあわてさせること。攻め手はある」とするが、それをできる力士が見あたらない。伊勢ケ浜親方(元横綱、旭富士)は「大関陣は、壁を乗り越えていこうという気持ちが弱い」と、連勝を阻止すべき側のふがいなさを嘆く。

 2月に横綱の朝青龍が不祥事で引退、名古屋場所前には野球賭博問題で大関の琴光喜が解雇されるなど、好敵手が相次いで土俵を去った。双葉山の連勝を69で止めた安芸ノ海は体勢の低い相撲、大鵬の連勝を45で止めた戸田(のち羽黒岩)は押し相撲だったが、番狂わせの可能性のある低い相撲の豊ノ島や豪栄道、押し相撲の雅山は賭博問題で今場所を謹慎し、来場所は大きく番付を下げる。

 順当なら千代の富士が持つ歴代2位の連勝記録53には秋場所6日目、双葉山の69には九州場所7日目に並ぶ。貴乃花親方(元横綱)は「白鵬は他の力士との差があり、調子に波がない。この先もどこまで連勝が続くか楽しみ」としている。(産経ニュース2010.7.25)

============================

 心技体が充実していた。

 しかし、日本人力士はどうしたんだ

 国技とは名ばかりか

Mrt1007251852014n1

 

« 今年30回目のラウンド(越谷ゴルフ倶楽部) | トップページ | マグロのかま! »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年30回目のラウンド(越谷ゴルフ倶楽部) | トップページ | マグロのかま! »