2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 花小金井サンバカーニバル2010(2010.7.18) | トップページ | 今年29回目のラウンド(藤岡GC西) »

2010年7月23日 (金)

あっせん廃止で現役継続志向 国税庁の退職者8割減

国税庁は十日付の定期人事異動で、六十歳の定年前に勧奨退職した税務署長ら税理士資格を持つ幹部に、長年役所ぐるみで続けてきた顧問先のあっせんを廃止した。これまで大多数があっせん対象だった幹部の退職者数は昨年(三百九十九人)に比べ83%減となる六十八人に激減した。あっせんなしの「勇退」より、勤務継続を選んだ結果とみられる。

 長年、国税庁は定年の一~二年前に勧奨退職した幹部への生活補償の名目で顧問先をあっせんしてきた。税務職員として二十三年以上勤務すると、所定の研修を受ければ無試験で税理士になれる。今回、あっせんの前提だった勧奨退職をやめたことに伴い、この慣習を見直した。

 国税庁によると、退職せずに、継続を選んだ幹部は国家公務員の定年(来年三月末)を延長し、来年七月の定期異動まで勤務する。

 顧問先のあっせんは「国税の天下り」とも言われてきた。調べる側が、調べられる側の企業に依頼してOB税理士を引き受けてもらうという慣習には「癒着を招きかねない」との批判が根強かった。

 国税庁の公表資料では、昨年退職した三百五十八人が平均で一人あたり七・五件のあっせんを受け、月額四十四万九千円の報酬を手にしていた。(東京新聞2010.7.10)

============================

 いよいよ国税OBにも苦難の時代がきた。

 しかし、企業経営者からみればどうなのかな

 微妙な関係はまだ続くのか

Zeirisibazi

« 花小金井サンバカーニバル2010(2010.7.18) | トップページ | 今年29回目のラウンド(藤岡GC西) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっせん廃止で現役継続志向 国税庁の退職者8割減:

« 花小金井サンバカーニバル2010(2010.7.18) | トップページ | 今年29回目のラウンド(藤岡GC西) »