2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『会社で自分の居心地をよくする』長谷川次(名南製作所取締役相談役) | トップページ | 『究極の御用聞きサービス』 »

2010年7月28日 (水)

『一人の消費者としてサービスを体験する』 

1.名経営者だからといって、未来を予知する特殊な能力を持っているわけではない。彼らと平凡な経営者との最大の違いは、「今、起きている現象から将来起きることを推論する力」にある。現状から未来を推察する力は、結局、「日ごろからいかに今を観察しているか」によって決まる。実際、名経営者と称される人の多くは、時代の「空気」を読む努力を怠ら
ない。

2.移動時間を使って新聞やビジネス誌にできる限り目を通し、勉強会や講演会にもこまめに顔を出す。さらに、忙しい合間を縫って街を歩く。小売店では売れ筋をチェックし、気になる新商品があれば記憶にとどめる。一人の消費者としてさまざまなサービスも体験する。名経営者は「時流」を読み、それをベースにして、客観的に自社の未来図を描いていく。
(参考:「日経トップリーダー」2010年5月号)

Flowers002

« 『会社で自分の居心地をよくする』長谷川次(名南製作所取締役相談役) | トップページ | 『究極の御用聞きサービス』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『一人の消費者としてサービスを体験する』 :

« 『会社で自分の居心地をよくする』長谷川次(名南製作所取締役相談役) | トップページ | 『究極の御用聞きサービス』 »