2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 「財務会計士」を新設、公認会計士の前段階に 金融庁 | トップページ | 『社長が裸の王様にならないための心得』 »

2010年8月 1日 (日)

【プロ野球】総力戦で見せた阪神の驚異的な粘り

 5時間25分の激闘。阪神は、ベンチ入りの野手全員を使い切る総力戦だった。真弓監督は「最後も無死満塁のピンチになったし、負けなくてよかったよ」。汗をふきながら勝ちに等しい引き分けと、振り返った。

 延長十二回、7番手の安藤が無死満塁のピンチを招いたが、「開き直って投げました」。後続の3人を打ち取り、負けを免れた。価値あるドローに導いたのはブラゼルだ。

 中日が、勝ちパターンの継投に入った2点を追う七回、浅尾の152キロの直球をバックスクリーン右へ運ぶアーチはラミレス(巨人)に並ぶ33号ソロ。「みんなあきらめずにやった。勝てなかったけど負けなかったじゃないか」。まるで勝者といわんばかりに胸をはった。

 それほど驚異的な粘りだった。八回、鳥谷が右翼フェンス直撃の二塁打で同点。九回、5番手の久保田が森野に適時打を浴びたが、中日の守護神、岩瀬から2死満塁で、浅井がバットを折りながらの遊撃内野安打で再び同点に。まさに全員野球だった。

 これで7月は14勝6敗1分けと大きく勝ち越し。しかも最後は1勝に値する執念の引き分けとなった。(産経ニュース2010.8.1)

============================

 この引き分けは粘り勝ちだな

 今日が大事だ

Bbl1008010050003n1

« 「財務会計士」を新設、公認会計士の前段階に 金融庁 | トップページ | 『社長が裸の王様にならないための心得』 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】総力戦で見せた阪神の驚異的な粘り:

« 「財務会計士」を新設、公認会計士の前段階に 金融庁 | トップページ | 『社長が裸の王様にならないための心得』 »