2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【プロ野球】総力戦で見せた阪神の驚異的な粘り | トップページ | がん闘病の桑田、肉声でファンに報告 »

2010年8月 2日 (月)

『社長が裸の王様にならないための心得』

1.外部の声に耳を傾ける

 会社の常識は、社会の非常識であることが少なくない。社長は外部の人の声に耳を傾

けるべし。

2.株主は敵ではない、社会の目と思え

 株主は本来、敵対する存在ではない。株主に対して説明責任を果たすことで、透明性は

高まる。

3.社外取締役は真剣に選ぶ

 外部の目を代表する社外取締役は、単なる肩書きではなく、その人物を見極めて選ぶ。

4.会社の目的を明確にする

 何のために会社が存在するのか、存在理由を明確にすべき。そうすれば自然に取締役

会の姿も見えてくる。

(参考:「日経ビジネス」:2010年3月8日号)

« 【プロ野球】総力戦で見せた阪神の驚異的な粘り | トップページ | がん闘病の桑田、肉声でファンに報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『社長が裸の王様にならないための心得』:

« 【プロ野球】総力戦で見せた阪神の驚異的な粘り | トップページ | がん闘病の桑田、肉声でファンに報告 »