2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 桑田佳祐、前人未踏の5年代連続シングルTOP3入り | トップページ | 中小企業決算書の革命! »

2010年9月 1日 (水)

ヘーシンク氏死去 東京五輪で柔道衝撃の「金」

 1964年東京五輪の柔道無差別級金メダリストで国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあるアントン・ヘーシンク氏(オランダ)が27日、母国ユトレヒトの病院で死去した。76歳だった。複数の地元メディアが伝えた。死因は明らかにされていない。

 ヘーシンク氏は柔道が初めて採用された東京五輪に出場し、決勝で神永昭夫選手(故人)を破って日本に衝撃を与えた。身長198センチ、体重120キロの巨漢で、61年世界選手権や欧州選手権でも優勝を重ねた。

 引退後は柔道普及に尽力し、87年にIOC委員に就任。自ら発案したカラー柔道着導入で主導的役割を果たした。しかし2002年ソルトレークシティー冬季五輪招致に絡む買収スキャンダルにかかわったとして、99年にIOCから警告処分を受けた。

 一時はプロレスラーとして全日本プロレスのリングに上がった。日本のファンにも親しまれ、97年に勲三等瑞宝章を受章した。(産経ニュース2010.8.28)

=============================

 子供ながら、日本柔道が初めて負けたということを憶えている。

 その後、異種格闘技戦にも出ていた。

 時の流れの速さを痛感する。

Mrt1008281050000n1

« 桑田佳祐、前人未踏の5年代連続シングルTOP3入り | トップページ | 中小企業決算書の革命! »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘーシンク氏死去 東京五輪で柔道衝撃の「金」:

« 桑田佳祐、前人未踏の5年代連続シングルTOP3入り | トップページ | 中小企業決算書の革命! »