2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« まっすぐな生き方(木村耕一著) | トップページ | 秋刀魚(飯田橋) »

2010年9月18日 (土)

『異常に素直な経営』大村禎示(西松屋チェーン社長)

1.従来、日本は小売業は子供を連れた顧客にとって、快適とは言い難い店舗運営を続けてきた。通路は狭く、ベビーカーで通り抜けるのに一苦労。四六時中BGMが鳴り響き、複雑なレイアウトの店内には、子供がぶつかってけがをしそうな什器やマネキンが並ぶ。子供の世話のため一刻も早く買い物を済ませたいのに、レジはいつも長蛇の列。さまざまな過剰サービスのコストが含まれる結果、価格も決して安くない。

2.日本一の子供服店西松屋チェーンは、そんな顧客に、ストレスを感じることなく買い物ができる店舗を提供した。通路はベビーカーが3~4台すれ違えるほど広く、店内はいつも空いていて、過剰な接客は一切ない。極限まで効率化された店舗運営の結果、価格も安い。現在Tシャツは1枚299円から販売され、顧客は、子供の成長に合わせ値段を気にせずまとめ買いすることが可能だ。西松屋の躍進は、今から20年前、米国生まれの「チェーンストア理論」と「顧客第一主義」を「異常に素直に」実践し続けたことだ。
(参考:「日経トップリーダー」2010年6月号)

Flowers005

   

« まっすぐな生き方(木村耕一著) | トップページ | 秋刀魚(飯田橋) »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『異常に素直な経営』大村禎示(西松屋チェーン社長):

« まっすぐな生き方(木村耕一著) | トップページ | 秋刀魚(飯田橋) »