2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 富士通レディース | トップページ | 反日デモ、四川省綿陽市でも 学生会組織の官製デモと香港紙 日本料理店に投石、日本車のガラスも »

2010年10月17日 (日)

【プロ野球】球児で逆転負け… 阪神やりきれぬ終末

 阪神が悲劇的な結末を迎えた。「やれることをやった結果がこれ。腹を決めて(抑えを)やっているから悔いはない」。そうつぶやいた藤川球の言葉にうそはないだろう。ただ、2年前のCSに続き、最後は自らが敗戦投手。その表情にはショックの色が濃くにじんだ。

 シーズン終盤から何度も繰り返されてきた八回からの登板。2死二、三塁のピンチを招き、ラミレスフォークボールを中前へはじき返された。「ちょっと調子を落としているところだったけど、何とかしてくれるかなと…」。真弓監督も祈るような思いで送り出したが、最悪のシナリオが待っていた。

 絶対的な抑えとして君臨してきた右腕1人に責任を押しつけることはできない。ただ、この日は半数近くがフォークだった。かつて“火の玉ストレート”とも形容された直球で押していく本来の守護神の姿ではない。シーズン中は決して疲れを口にすることはなかったが、最後は「終盤はバテた感じもあった」と正直な思いも漏らした。

 「JFK」として一時代を築いた久保田、藤川球で4点差を逃げ切れず、チームとしては、リリーフ投手の層の薄さをまざまざと露呈した。「プレッシャーを全部背負い込んでいると思う」と久保投手コーチ。できれば藤川球の負担を軽減したいが、その答えは簡単には見つからない。今季の終戦とともに、チームは重い宿題を背負った。

(産経ニュース2010.10.17)

=============================

 もう一度出直しだな・・・

Bbl1010172015014n1

« 富士通レディース | トップページ | 反日デモ、四川省綿陽市でも 学生会組織の官製デモと香港紙 日本料理店に投石、日本車のガラスも »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【プロ野球】球児で逆転負け… 阪神やりきれぬ終末:

« 富士通レディース | トップページ | 反日デモ、四川省綿陽市でも 学生会組織の官製デモと香港紙 日本料理店に投石、日本車のガラスも »