2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 優香ナマ足!メイサ超ミニ!美脚大賞発表 | トップページ | 赤字申告7000社、実は黒字で追徴396億円 »

2010年10月 6日 (水)

『組織の目的は凡人をして非凡なことを行わせること』 (P.F.ドラッカー)

1.組織の目的は、凡人をして非凡なことを行わせることにある。天才に頼ることはできない。天才はまれである。あてにできない。凡人から強みを引き出し、他の者の助けとするこ
とができるか否かが、組織の良否を決定する。同時に、組織の役目は人の弱みを無意味にすることである。要するに、組織の良否は、そこに成果中心の精神があるかどうかによって決まる。

2.人間は多様である。しかも、でこぼこした存在である。あることを得意とし、あることは不得意とする。得意なことを伸ばすのは簡単だが、不得意なことを直すのは至難である。
そこで不得意なことを意味のないものとし、得意なものを引き出して組み合わせることが必要になる。ところが、組織の中に、何事も成果を中心に考え、行動するという成果中心の精神が根付いているならば、人びとの得意なことだけを組み合わせるという手品が、いとも簡単に行える。

3.成果中心の精神を高く維持するには、配置、昇給、昇進、降級、解雇など人事に関わる意思決定こそ、最大の管理手段であることを認識する必要がある。それら決定は、人間行動に対して数字や報告よりもはるかに影響を与える。組織の中の人間に対して、マネジメントが本当に欲し、重視し、報いようとしているものが何であるかを知らせる。
  (参考:「週刊ダイヤモンド」2010年4月24日号)

Flowers002

« 優香ナマ足!メイサ超ミニ!美脚大賞発表 | トップページ | 赤字申告7000社、実は黒字で追徴396億円 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 優香ナマ足!メイサ超ミニ!美脚大賞発表 | トップページ | 赤字申告7000社、実は黒字で追徴396億円 »