2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【ボクシング】長谷川、フェザーでも王者 バンタム級と2階級制覇 | トップページ | 『日本の小売りはアフターサービス重視に進む』高田明(ジャパネットたかた社長) »

2010年11月29日 (月)

加藤前国税庁長官「意外な転身」

 今年7月に国税庁長官を退官した財務省キャリア、加藤治彦氏(58)の再就職が霞が関の官庁街で話題になっているそうだ。財務省ナンバー2の国税庁長官が「第二の人生」のスタート先として選んだのは、経営コンサルタントの堀紘一氏が会長を務めるベンチャー企業向け経営コンサルティング会社「ドリームインキュベータ(DI)」の専任特別顧問。「官庁の中の官庁」と称される財務省のキャリア官僚の行き先としては、意外なものである。

 世間では天下りが問題になっているが、財務省OBも変わってきたのかもしれない。

« 【ボクシング】長谷川、フェザーでも王者 バンタム級と2階級制覇 | トップページ | 『日本の小売りはアフターサービス重視に進む』高田明(ジャパネットたかた社長) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加藤前国税庁長官「意外な転身」:

« 【ボクシング】長谷川、フェザーでも王者 バンタム級と2階級制覇 | トップページ | 『日本の小売りはアフターサービス重視に進む』高田明(ジャパネットたかた社長) »