2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 母~オモニ~(姜尚中)  | トップページ | 【女子ゴルフ】申ジエが優勝 ミズノ女子ゴルフ最終日 »

2010年11月13日 (土)

『信頼する部下の「退職願」への対応』佐々木常夫(東レ経済研究所社長)

1.信頼する部下が退職願いを持ってきたらどうするか?まず、確かめるべきことは、部下の真意です。すでに次の会社を決めている場合(本気度は100%)の場合でも、辞めたい理由を聞き、引き留めの説得をしたり、本人の希望に沿うように努力することです。その結果、退職を見合わせるケースは半分はあり得ます。

2.幹部には、部下全員を守る務めがあります。そして、部下全員を成長させる義務があります。不条理な人事運用がされていると考えるならば、それを改めさせなければなりません。そうした行動は、周囲の多くの人たちが評価してくれると思います。その姿を部下が認めていれば、また違った行動を部下はとったような気がしてなりません。だから今は自分(幹部)が彼(部下)のことをどれだけ頼りにしているかを語り、これからの処遇についても会社に働きかけることを約束し、本気で説得することです。
(参考:「週刊東洋経済」:2010年6月5日号)

« 母~オモニ~(姜尚中)  | トップページ | 【女子ゴルフ】申ジエが優勝 ミズノ女子ゴルフ最終日 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 母~オモニ~(姜尚中)  | トップページ | 【女子ゴルフ】申ジエが優勝 ミズノ女子ゴルフ最終日 »