2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 【世界バレー】日本、米国倒し「銅」 ロシア2連覇 | トップページ | 吉瀬美智子「カレンダーでくつろいで♪」 »

2010年11月15日 (月)

99年の愛

★ストーリー

19434月、戦争が激化する中、家族がアメリカで信用を得られるようにと、一郎(草彅剛)しのぶ(仲間由紀恵)次郎(松山ケンイチ)はアメリカが提示した忠誠登録に「イエス」と書いて提出する。それから2ヵ月後のある日、アメリカとの交渉役を務めている山岸登(大泉洋)が平松家を訪ね、一郎のアメリカ陸軍への入隊が決まったことを報告する。それを聞いたとも(泉ピン子)は、何かの間違いじゃないかと山岸に詰め寄るが、一郎が軍隊に入ることは家族の無駄にはならないと言い残して平松家を後にする。忠誠登録にイエスと書いた一郎に怒っていたともが、一郎の本心を知り納得をした時、同じ小屋で一緒に生活を送っている太助(笹野高史)の怒鳴り声が聞こえてくる。太助の息子・弘(中尾明慶)も親に黙って忠誠登録にイエスと書いており、軍隊に入ることになったのだった・・・。

=============================

 TBSのドラマ「99年の愛」を観た。

 アメリカという国に移民として渡った先人たち。

 そして戦争という外交により、引き裂かれた家族。

 日本人というだけで収容所に入れられた屈辱。

 そして屈辱から這い上がっていく・・・

 日本人としてのプライドを持って生きていく。

 とても考えさせられるドラマであった。

http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/index-j.html

20100819_1870770

« 【世界バレー】日本、米国倒し「銅」 ロシア2連覇 | トップページ | 吉瀬美智子「カレンダーでくつろいで♪」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 99年の愛:

« 【世界バレー】日本、米国倒し「銅」 ロシア2連覇 | トップページ | 吉瀬美智子「カレンダーでくつろいで♪」 »