2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 元プロレスラー、星野勘太郎氏死去 | トップページ | 加藤前国税庁長官「意外な転身」 »

2010年11月28日 (日)

【ボクシング】長谷川、フェザーでも王者 バンタム級と2階級制覇

 

 世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチ各12回戦は26日、名古屋市ガイシプラザで行われ、フェザー級王座決定戦は同級2位の長谷川穂積(真正)が1位のフアンカルロス・ブルゴス(メキシコ)を3-0の判定で下し、新王者となった。WBCバンタム級を10度防衛した実績を持つ長谷川は、国内初となる二つ階級を上げての2階級制覇となった。再起戦だった長谷川の戦績は32戦29勝(12KO)3敗。

 スーパーフェザー級は挑戦者で同級2位の粟生隆寛(帝拳)がチャンピオンのビタリ・タイベルト(ドイツ)を3-0の判定で破り、WBCフェザー級に続く2階級制覇を達成した。粟生の戦績は23戦20勝(9KO)2敗1分け。タイベルトは2度目の防衛に失敗。

 国内での2階級制覇は9人となった。日本のジムに所属する男子の世界王者は6人に増えた。(産経ニュース2010.11.26)

=============================

 2階級制覇は立派だ。

 しかし、1階級違うだけで、同じパンチでは相手は倒れないそうだ。

 厳しい世界だ。

Mrt1011262142008n1

« 元プロレスラー、星野勘太郎氏死去 | トップページ | 加藤前国税庁長官「意外な転身」 »

プロレス・相撲・格闘技」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 元プロレスラー、星野勘太郎氏死去 | トップページ | 加藤前国税庁長官「意外な転身」 »