2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 韓国軍、戦闘機を展開 北砲撃50発に80発応酬 軍事訓練に反応か | トップページ | ゴルフ練習 »

2010年11月23日 (火)

【アジア大会】100金・福島、0・01秒差44年ぶり女王

 隣のレーンでリードした前回覇者のフビエワを視界に入れながら、福島が猛然と前を追う。ゴール寸前、勝者と敗者はわずか0・01秒の差で入れ替わった。

 「(勝ったのは)私じゃないかなと思っていたのでうれしい。本当に優勝できてよかった」

 日本勢がこの種目を制したのは44年ぶり。22歳のアジア女王の声が存分に弾んだ。

 4月の初戦から、100、200メートルで立て続けに自らの持つ日本記録を更新。もっとも、順風満帆に見えて決してそうとは言い切れないシーズンだった。

 6月の日本選手権は2年ぶりに100メートルを制すも、平凡なタイムに悔し涙。同月27日、22歳の誕生日に鳥取で開かれた記録会では、自己2位タイの好記録をマークしたというのに観客の反応はどこかつれない。スタジアムに漂う空気を感じ取ったのだろう。「本当にすみません…」。報道陣の輪が解ける間際、消え入りそうな声でわびた。

 常に記録更新を期待される重圧と戦ってきたことが、福島を心身ともに鍛えた節はあるかもしれない。この日も左足首にはテーピング。得意のスタートでいつになく出遅れたのが万全でない証拠といえる。それでも「優勝できたので、そこは目をつぶって。いろんなレースを経験して、たくましくなっていきたい」と笑って受け流した。

 今季の100メートルはこれで締めくくったが、福島のゴールはまだ先にある。「200メートルも400メートルリレーも残っている。この大会を来年の世界選手権やロンドン五輪に向けて、いいきっかけにしていきたい」。あと2種目、ありったけの力を振り絞る。

(産経ニュース2010.11.22)

=============================

 短距離の金メダルは凄い

 ロンドンが楽しみだ

Oth1011222341053n1

« 韓国軍、戦闘機を展開 北砲撃50発に80発応酬 軍事訓練に反応か | トップページ | ゴルフ練習 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アジア大会】100金・福島、0・01秒差44年ぶり女王:

« 韓国軍、戦闘機を展開 北砲撃50発に80発応酬 軍事訓練に反応か | トップページ | ゴルフ練習 »