2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『昭和のバスガイドが現役復帰』 | トップページ | 『変化を見つける5つの領域』(P.F.ドラッカー) »

2010年12月15日 (水)

相続税対象割合4・1%で過去最低 国税庁まとめ

 平成21年中に亡くなった人のうち、保有していた財産が相続税の課税対象となったのは、前年比0・1ポイント減の4・1%、約4万6千人だったことが国税庁のまとめで14日、分かった。課税割合は基礎控除額が引き上げられた平成6年以降、最低水準となった。

 国税庁によると、昨年中に亡くなったのは前年と同規模の約114万人。課税対象となった相続財産の価格は前年比6295億円減の10兆959億円で、1人当たりでは2億1744万円。税額は前年比873億円減の1兆1632億円で、1人当たりでは2505万円だった。(SANKEI BIZ2010.12.14)

================================

 相続税、贈与税も抜本的に見直す時期にきたね・・・

« 『昭和のバスガイドが現役復帰』 | トップページ | 『変化を見つける5つの領域』(P.F.ドラッカー) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続税対象割合4・1%で過去最低 国税庁まとめ:

« 『昭和のバスガイドが現役復帰』 | トップページ | 『変化を見つける5つの領域』(P.F.ドラッカー) »