2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 今年55回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 日中戦争、日本が勝っていたら・・・ »

2010年12月25日 (土)

鳩山氏に1億3千万円還付 贈与税申告、2年分は時効 国税当局が税務調査

 鳩山由紀夫前首相が実母から巨額の資金提供を受け約6億970万円の贈与税を納付した問題で、国税当局が平成14、15年分の計約1億3千万円を前首相側に還付していたことが23日、関係者の話で分かった。時効と判断されたためだが、結果的に本来なら納付すべきだった1億円超の課税を免れる形となった。

 鳩山前首相事務所によると、14~21年までに実母から計約12億4500万円の贈与を受けたとして約6億970万円の贈与税を振り込んだ。

 これを受け、国税当局は税務調査を実施。その結果、前首相自身は資金提供の事実を知らず、悪質な仮装・隠蔽行為はなかったと判断。所得隠しとは認定しなかった。所得隠しがあった場合の課税時効は7年間。贈与税は贈与を受けた翌年の3月が申告期限となるため、14年分も15年3月から7年経過した今年3月時点が時効だった。

(産経ニュース2010.12.24)

===========================

 それはないでしょ・・・

 まじめに納税している国民はどうなるんだ(怒)

 しかし国税も甘いな

« 今年55回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 日中戦争、日本が勝っていたら・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今年55回目のラウンド(藤岡GC西) | トップページ | 日中戦争、日本が勝っていたら・・・ »