2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 20歳若返る力(新谷弘実著) | トップページ | 金融庁、中小企業の経営環境の厳しさ継続として借入金返済を猶予する法律を1年延長へ »

2010年12月14日 (火)

『自ら変革していくためには格別な努力が必要』(P.F.ドラッカー)

1.これまで組織は、継続を旨としてきた。したがって、企業、大学、病院、教会のいずれの組織もが、チェンジ・リーダーとして変革を受け入れ、自ら変革のためには、格別の努力が必要とする。継続と変革の両方が必要であるが、どちらが必要かと聞かれれば、継続である。人も社会も、本当に必要とするのは継続である。

2.しかし、あらゆるものが腐り、壊れていくという「エントロピーの法則」を逃れえない。したがって、放置したのでは、継続は不可能である。継続のためには変革が必要である。こ
うして今日まで、ほとんどあらゆる組織が、変革の担い手として、チェンジ・リーダーたることを求められるようになった。もちろん、チェンジリーダーになったとしても継続は不可欠である。

3.継続は、他の組織との関係においても必要である。迅速な変革のためには、組織の内部における諸関係とともに、外部との関係においても継続が必要である。チェンジ・リーダーにとっては、変革が常態であるだけに、とくに基本を確立しておかねばならない。
(参考:「週刊ダイヤモンド」2010年7月10日号)

« 20歳若返る力(新谷弘実著) | トップページ | 金融庁、中小企業の経営環境の厳しさ継続として借入金返済を猶予する法律を1年延長へ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 20歳若返る力(新谷弘実著) | トップページ | 金融庁、中小企業の経営環境の厳しさ継続として借入金返済を猶予する法律を1年延長へ »