2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 『自発的に働く2つの仕組み』丹道夫(富士そば「年商70億円」社長) | トップページ | ダイワマンシリーズ新TVCM「ダイワマンの恋」篇の放映を開始します。(お知らせ) »

2011年1月 7日 (金)

『小さな改善の積み重ねが改革へつながる』遠藤紘一(リコー副社長執行役員)

1.「今こそ改革を実行すべきだ」。2008年9月のリーマンショック後、こうした言葉をよく聞く。小さな改善を積み重ねても焼け石に水。改革を断行して、起死回生のV字回復を狙うというわけだ。改革という言葉に多くの人が引かれる一方、改善については改革ほどの関心を払わない。だが、改善の効果を軽視してはならない。

2.例えば、一人ひとりの社員が毎日、100円を削減する改善活動に継続して取り組んだとする。年間の総労働日数を200日とすると、一人当たり年間2万円を削減できる。一方、リコーグループの社員数は、全世界で10万8500人。削減額は合計で21億7000万円になる。これは、改革がもたらす数字に匹敵するだろう。一日100円という小さな改善を積み重ねるだけでも、これだけの改革を起こせるのである。それに気がついていないのは、目に見えて大きな効果がすぐに表れないからだ。
(参考:「日経ビジネス」:2010年3月29日号)

Flowers004

« 『自発的に働く2つの仕組み』丹道夫(富士そば「年商70億円」社長) | トップページ | ダイワマンシリーズ新TVCM「ダイワマンの恋」篇の放映を開始します。(お知らせ) »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『自発的に働く2つの仕組み』丹道夫(富士そば「年商70億円」社長) | トップページ | ダイワマンシリーズ新TVCM「ダイワマンの恋」篇の放映を開始します。(お知らせ) »