2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« プレジデント2011.1.31号「7割が赤字」中小企業が不況に勝つには(大武健一郎) | トップページ | 皇居を掃除するボランティアになれば天皇陛下に会えるという »

2011年1月14日 (金)

【主張】道徳教育 大切にしたい公共の精神

 高校で道徳教育を重視する動きが広がりつつある。千葉県教育委員会は平成25年度から県立高校で道徳を必修化することを決めた。高校段階で「公」の精神や規範意識を育む意義は大きい。

 学習指導要領により小中学校には「道徳の時間」が週1時間ある。大方の高校にはホームルームなどを利用したおざなりなものしかないのが実情である。

 戦後教育では、「個性重視」に傾き、公徳心の育成が軽んじられてきた。助け合いや思いやり、がまんなどの徳目は本来、家庭でのしつけや子供同士の遊びの中で自然と養われるものだ。だが、高校生になっても、「公」を大切にする心が身に付いていない例を目にすることが少なくない。

 千葉県では有識者会議の提言を受けて、「自他のかかわりやつながり」「郷土への愛着や誇り」などを道徳教育の重要項目に上げ、県立高校で1年次に週1時間、道徳を必修にするという。道徳を重視する森田健作知事は「社会の中でお互いに助け合っていくという当たり前のことをしっかり伝えていきたい」としている。

 高校の道徳教育の先駆けは、茨城県で、平成19年度から道徳を必修にし5年目を迎える。生命科学やスポーツ選手の人生など生徒も興味を持ち読み応えのある独自教材に知恵を絞っている。

 東京都は19年度から都立高校で「奉仕」の授業を必修にした。通年で地域の清掃活動や福祉施設の体験などボランティア活動に参加させている。祭りなど催しの運営に携わる例もあり、困難に立ち向かう社会人から影響を受けたり地元への関心を強めたりして生徒には変化がみえるという。

 道徳は学年が上がるにつれて指導が難しくなる。米ハーバード大での「正義」をテーマにした授業が話題を呼んだが、生徒が興味を持つ題材や教育内容が不可欠だ。何よりも教える側の力や人間的魅力が問われる授業である。

 今春から道徳教育を重視した新しい学習指導要領が小学校を手始めに順次、本格実施される。一方で、民主党政権になって、小中学校の副教材「心のノート」の全員配布をやめるなど、道徳教育への取り組みは冷ややかだ。

 だが、専門家からは「品性を高め、感性を磨く道徳は教育の根幹だ」との指摘がある。徳育をおろそかにしてはならない。(産経ニュース2011.1.9)

« プレジデント2011.1.31号「7割が赤字」中小企業が不況に勝つには(大武健一郎) | トップページ | 皇居を掃除するボランティアになれば天皇陛下に会えるという »

歴史」カテゴリの記事

日本・日本人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【主張】道徳教育 大切にしたい公共の精神:

« プレジデント2011.1.31号「7割が赤字」中小企業が不況に勝つには(大武健一郎) | トップページ | 皇居を掃除するボランティアになれば天皇陛下に会えるという »