2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

大阪の税理士が送る阪神

« 復帰のためなら…リストラの元CAら、プレイボーイ表紙モデルに | トップページ | 積水ハウス元社員を逮捕=無断で値引き販売容疑-宮城県警 »

2011年2月 9日 (水)

『営業のイロハから指導』大塚 裕司(大塚商会社長)

1.業績が悪化して、まず考えたのは営業の底上げでした。社員を「良い子」「悪い子」「普通の子」に分け、「悪い子」である営業成績が下位の30%を「U30(アンダー30)」と名づけ営業のイロハから指導することにしました。大塚商会では、以前から全員の営業成績を公表しています。

2.当初、若手の再教育を意図していましたが、ベテランの中にもU30の対象者が多くいたので驚きました。新しい収益分野の開拓は、1人の力だけではなし得ません。個々の社員の底上げと共に、その社員の力を全体として発揮していく仕組み作りが必要になっています。今ほど組織体力作りが求められている時代はありません。
(参考:「日経ビジネス」:2010年9月6日号)

« 復帰のためなら…リストラの元CAら、プレイボーイ表紙モデルに | トップページ | 積水ハウス元社員を逮捕=無断で値引き販売容疑-宮城県警 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『営業のイロハから指導』大塚 裕司(大塚商会社長):

« 復帰のためなら…リストラの元CAら、プレイボーイ表紙モデルに | トップページ | 積水ハウス元社員を逮捕=無断で値引き販売容疑-宮城県警 »